専業主婦でも借りられる銀行カードローンの審査に通過

MENU

審査の時はどこを見られているのか?

無収入の専業主婦でも銀行カードローンの審査を通過することができます。
そのためにはどこを見られているのかおさえておく必要があるので、ポイントをチェックしておきましょう。

本人の情報
属性とは、職業や家族構成、電話番号、保険の種類、住宅情報などです。

こちらはどの部分を重点的にみているのか、というのが銀行ごとに違っているので一概には言えません。
そのため、どれも悪くないような状態が一番いいです。
しかし、良く見せようと偽ってもすぐにばれてしまうため、嘘をつくのはやめましょう。
このとき、本人の状況を確認されるので配偶者の確認はありません。

借り入れたい金額
なるべく借りたいからといっていきなり大金を申し込んでしまうと、この人はお金に困っている人だ、と評価を受ける可能性があります。

そうすると審査に通らない可能性があるので、申請する金額をあまり大金にするのはやめましょう。
この人は信用できる、と判断されれば融資が受けられます。
なので、借りたい金額が多いかもしれない…という人はあまり多額になりすぎないように申請しておきましょう。

個人の銀行関連の情報
銀行では、今までの銀行に関する利用情報を確認することができます。

たとえば、ローンやクレジットカード情報などの個人的な情報です。
ということは、延滞情報などあまりよろしくない情報も確認できてしまうのです。
そのため、たとえそのようなことが過去にあったとしても包み隠さずに申請するようにしましょう。
審査に通りたいからといって隠しておいても内緒にできません。
そうすると信用が一気に下がってしまうので、必ず申請するようにしましょう。

審査に通るために気を付けること

審査の基準が分かったところで、それ以外に気を付けてほしい点をいくつか挙げておきます。

嘘や間違いがないようにする
先にも述べましたが、銀行側で確認できるのが現状です。

よくみせようとして嘘をつくと評価を余計悪くしてしまいます。
また、入力ミスにも注意しましょう。
間違って申請してしまうと、あなた自身の評価が雑な人、真面目でないと悪い評価が付きかねません。
申請の際には間違いがないのか見直した上で、申し込みましょう。
特にネット申込みの場合は手間を省けるというメリットがありますが、間違いやすいのでよく確認しておきましょう。

申請は慎重に
他の業者にも申込をしてしまうと、お金に困ってる人なのではないかと思われます。

借り入れ状況を確認されてしまうので、ちゃんと返済しているのか状況もすぐに分かります。
気軽な気持ちで申込んでしまうと、本当に必要なときに融資を受けることができなくなってしまいます。
一度に多くの会社や銀行に申し込むのは控えましょう。