MENU

何社まで申込ができるの?

まず専業主婦がお金を借りられる条件について説明します。
自身に収入のない専業主婦の場合は、銀行カードローンのみが利用可能です。
消費者金融・信販系カードローンなど貸金業者は、年収の1/3までしか借入れできない総量規制という法律が適用されるからです。
銀行は総量規制対象外なので、無職の専業主婦でも審査通過すれば借り入れできる可能性があります。

 

ただし申し込む場合は1社ずつにしたほうが賢明です。
複数のカードローンを同時期に申し込むと、その情報がすべての金融機関で共有されてしまいます。
よほどお金に困っていたり返済が難しいのではないか、と判断されて審査には不利になります。
最悪のケースでは申し込みブラックと見なされ、審査に通る確率はかなり低くなってしまいます。
個人信用情報に申込履歴の記録が残るのは最低でも半年間といわれますので、次のカードローンに申し込みするのは半年以降にしたほうが安心です。

 

すでに他社での借り入れがある人も同様で、あまり立て続けにカードローンを申し込むと信用を落としてしまいます。
一般的には2社までなら通りやすいといわれますが、個々の条件によって一概には言えませんので注意が必要です。

 

まずは1つのカードローンに絞って申し込みを検討することをおすすめします。
銀行が出しているカードローンの中で専業主婦OKのタイプなら、配偶者に定期収入があるという条件のみで申込み可能です。
配偶者の同意書や収入証明書なしで申し込みできるので、夫に知られる心配も少ないです。
借入限度額は少なめですが、日頃からそれなりに利用しつつ返済を滞ることがなければ、後日利用実績とともにキャッシング枠が増枠できるチャンスもあります。